肝臓は働き者

肝臓は“沈黙の臓器”とも言われています。体の中で最も大きな臓器であるにもかかわらず、どんなことをしているのかあまり知られていないのですが、非常に多くの働きしている重要な臓器のひとつです。

肝臓は、1日に約380リットルもの血液を通しながら、有害な物質を取り除き、必要な栄養を体全体の細胞に届ける働きをしています。またホルモンバランスを整え、たんぱく質と血糖の代謝を司り、怪我をしたときは血液凝固を調節するなど、少なくとも400以上の働きをしています。

また、毎日約1リットルの胆汁を生みだしています。胆汁は、黄緑色の液体で、胆嚢に蓄えられ、脂肪の消化を助け、まるで脂を溶かす強力な洗剤のような働きをします。

肝臓が毎日行う主な仕事

  • 脂肪を分解するために、約1リットルの胆汁を生み出す
  • 380リットル以上の血液を通しながら、アルコールなどの体に毒となる物質を処理し、栄養を細胞に行き渡らせる
  • 男性ホルモンのテストステロン、女性ホルモンのエストロゲン、コレステロールなど、13,000以上の体に必要な物質とホルモンを生み出している。
  • 50,000以上の酵素を司り、体の健康を維持している
  • 血糖値を調節し、高血糖、低血糖を予防する
  • 骨、皮膚、循環器、免疫機能のために、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンK、ビタミンB12など、体に必要なビタミン、ミネラルを貯蔵する
  • 有害な物質を無毒化する。もし、肝臓がこの働きを続けられなくなったら、血液中に毒素が回り、命に関わります。

冒頭で書いたように、肝臓が自動的に毒物を無毒化するように作られているのは事実ですが、肝臓に充分な栄養がなかったり、毒素、石油化学製品、薬といった有害物質にさらされることが多いと、こうした本来の働きができず充分な胆汁も生産できません。

例えば、台所に、脂で汚れたお皿が一杯積み重なっているのに、洗剤が1滴しかないとしたら、きれいに洗えるでしょうか。洗剤を買ってくるまでそのままにしておくしかありません。肝臓も、脂を処理するための胆汁が足りないときは、脂肪も毒物も体に溜めておき、あとで処理しようと考えるのです。蓄積した脂や毒物を処理するには、充分な栄養を摂り入れる以外に方法はないのです。

肝臓に重要な食べ物と栄養

肝臓は自動的に自身を完璧に解毒するようにできているのですが、もし毒素や石油化学物質、医薬品で過剰に負担がかかると、肝臓は、血糖値の維持や血液中のタンパク質の合成や正常化、ホルモンバランスの維持を助けるといった必須機能が行えなくなります。肝臓というきわめて重要な臓器の力が充分に発揮されるようにすることが、健康を維持するための大きな鍵になるでしょう。

特に解毒は、非常に栄養を必要とする作業のため、肝臓が効果的、効率的に力を発揮するためには、体に栄養が十分足りている必要があります。

摂取を制限または、避けた方が良いもの:アルコール、カフェイン、砂糖、トランス脂肪酸、薬など。

摂ると良い食べ物:卵、ブロッコリースプラウト、カリフラワー、キャベツ、ケール、アーティチョーク、アスパラガス、タマネギ、ニンニク、きのこ、ビタミンCの豊富な柑橘類など。

解毒をサポートするもの:ネオクレンズを使うことにより肝臓をサポートすることができます。このすばらしいスーパーグリーンの栄養素のブレンドは、肝臓が毒素を取りのぞき、健康な肝臓を維持するのを助けてくれます。

肝臓を十分に働かせるためには、充分な栄養が必要ですが、ここでは特に重要なものだけご紹介します。

ビタミンC:「スーパー抗酸化剤」と言われるグルタチオンの前駆体となります。クエスト社の製品では、ネオパック、ネオガードに多く含まれています。

セレニウム:肝臓のために重要な必須ミネラルであり、ネオパック、ネオガードに含まれています。

マリアアザミ:ヨーロッパでは、2000年以上も前から肝臓の疾患などに対して種子が利用されてきたハーブです。でるティーに含まれています。

純粋な、非加熱の非変性ホエイプロテイン:グルタチオンの産生を高めます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.