12/14 脳をより賢く、強く、幸せにする5つのステップ ~2018年を最高の年にする秘訣~

いよいよ今年も師走となりましたが、
あなたは来年の目標をもう設定していますか?

 

毎年年の初めに新しい目標を掲げても、
どれくらいその目標を達成するために
行動を継続できているでしょうか?

 

また皆さんが掲げる新年への目標は、
多くの場合、必ずしもあなたの健康状態を
良好にするものでないことも多いのでは・・・?

 

しかし、ドクター・ギブソンの
オンラインセミナーを受講すると
あなたの健康状態が
長期的に改善する方法を学ぶことができます。

 

2018年が、
あなたとって最高の年になったら
素晴らしいですよね?
より健康で、賢く、幸せになれるとしたら?
では、その最善の方法は?

 

それは、脳を最善の状態にすることです。

 

アメリカの脳神経科医/自然療法医師である
ドクター・ギブソンは、
今まで非常に多くの人々の脳の状態を
改善するよう導いてきました。

 

健康で幸せな人生を送るには、
脳を健康にし、強化することが鍵なのです。

 

このオンラインセミナーは、以下のような方を対象にしています。

  • より健康になりたい
  • もっと賢くなって、仕事や勉強ができるようになりたい
  • もっと幸せになりたい
  • 記憶力を改善したい
  • ブレインフォグを減少させたい
  • 記憶力を向上させたい

このオンラインセミナーでは、
ドクター・ギブソンがあなたの脳を
最高のコンディションにする
5つのステップを伝授します。

 

あなたもこのオンラインセミナーに参加して、
2018年を最高の年にしませんか?
簡単で、誰でも実践できる5つのステップを実践し、
あなたの脳を健康にし、
最高のパフォーマンスができるようにしましょう。

 

セミナー受講後、新年まで約2週間あります。
しっかり今年のうちから新しい習慣を実践し、
新年を最高の状態で迎えましょう。

 

では、あなたの素晴らしい新年を前祝しましょう。
ご登録はこちらから
http://www.questgrp.net/jp/smartbrainwebinar

 

受講者の中から抽選で1名様に、
ドクター・ギブソンが開発した脳を
最高の状態にするサプリメント
「ネオセルプラス」1本をプレゼントいたします。
セミナーをライブで受講していることが条件です。

 

またライブセミナーを受講された方は
直接ドクター・ギブソンに質問をして
アドバイスをもらうことができます。

 

ぜひお見逃しの無いように!
http://www.questgrp.net/jp/smartbrainwebinar

 

 


 

これまで開催した無料オンラインセミナーの動画はこちら

 


 

クエストグループが年4回発行している
【ナチュラルヘルスニューズ】

 

こちらに
腸から始まる脳の健康
を寄稿させていただきました。
ぜひ、ご一読ください。
また、「ナチュラルヘルスニュース」は
年4回発行 年間1,000円で購読が可能です。
ご希望の方はこちらからどうぞ

 


 

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ

メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-5915-0345
メール[email protected]questgrp.jp

 

予防接種は安全で有効か?~絶対に知っておきたい予防接種についての事実

予防接種とワクチン

 

 

この話題については
これまで、たくさんの議論が繰り返されてきています。

 

政府は、予防接種は安全で有効だと言い、
また、その一方では、一部の科学者や親たちが、
予防接種は危険で時には死を招くと言っています。

 

  ・あなたはどちらを信じますか?
・予防接種について事実を知っているでしょうか?
・予防接種に何が入っているか知っていますか?
・子どもに予防接種を受けさせる前に、
あなたはきちんと事実を調べているでしょうか?

 

もしかしたら、あなたの子どもが
生涯ワクチンの影響を受けたまま
生きていかないとならない状況になるかも知れないのです。

 

ですから、このオンラインセミナーを受講して
しっかりと予防接種について学んでください。

 

そして、予防接種について
適切な判断ができるようになりましょう。

 

アメリカの脳神経科医/自然治癒医師であるドクター・ギブソンが、
以下についてお話します。

 

  • 予防接種についての研究と偽り
  • 予防接種の危険性

 

多くの人が持っている2つの質問に回答します。

 

予防接種は効くのか?
安全なのか?

 

今まで予防接種で、
多くの子どもたちが永久的なダメージを受けています。

 

そのような子どもたちを
どのように改善させるかについての
基本的なステップについてもアドバイスします。

 

ドクター・ギブソンのオンラインセミナーに登録された方には、
ドクター・ギブソンのワクチン・予防接種基本ガイドをプレゼントいたします。

 

登録はこちらからどうぞ

 


無料オンラインセミナーのご案内

 

11月17日(金)10:00-

ワクチンは、安全で有効なのか? 

それとも危険で死を招くものなのか?

 

これまで開催した無料オンラインセミナーの動画はこちら

 


 

クエストグループが年4回発行している

【ナチュラルヘルスニューズ】

 

こちらに

腸から始まる脳の健康

を寄稿させていただきました。

ぜひ、ご一読ください。

また、「ナチュラルヘルスニュース」は

年4回発行 年間1,000円で購読が可能です。

ご希望の方はこちらからどうぞ

 


 

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ

メール問い合わせフォーム

電話0120-676-601
電話03-5915-0345

メール[email protected]

 


 

あなたの応援が励みになります。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

こんな短期間で、こんなに解毒できるんだ!

今日は東京在住の39歳男性のネオクレンズ体験談をお伝えします。

 

この方の食生活は
砂糖を多く含んだ食物と飲料をたくさん摂取していたので、
健康とは言えませんでした。
最初のテストは非常に高い毒素レベルを示しましたが、
栄養素レベルはすべて低い数値で、
慢性疾患への道を歩んでいました。

ちょうど30日後の血液検査では、
ヒ素、鉛、水銀、アルミニウムおよび
ヒ素などの危険な毒素の数値が劇的に減少しました。
ヒ素の数値は36%低下し、
アルミニウムの数値は54%減少しました。
毒素が減少するにつれて、
カルシウムは38%増加し、
マグネシウム、亜鉛および鉄も同じように増加しました。

 

90日後の血液検査では、
体内の毒素の数値は
危険な範囲から脱していることが確認できました。
危険な水銀のレベルは40%減少し、
ヒ素は55%減少しました。
必須栄養素のレベルはすべて正常値まで回復しましたが、
まだ改善の余地があります。

 

ネオパックのようなマルチビタミンを摂取し、
栄養素のレベルを改善すべきです。
またネオクレンズを毎日服用し、
定期的に増えていく毒素を除去することも大切です。

 

以下は体験者のお声です。


 

製品の摂取は、
朝と昼にネオクレンズを飲むだけだったので、
とても簡単でした。

 

忙しくても、
これくらい簡単なら続けることが可能だと思いました。

 

私は特に敏感な体質ではないので、
エネルギーに関してはよく分かりませんでしたが、
体調面においては好転反応もあり、非常に変化を感じました。

 

具体的には、次のような好転反応・変化が起こりました。

 

3日目
手の甲が赤くかぶれたようになる 次の日には治る

 

約2週間後から6~7日間
かなりの下痢が続く

 

約3週間後から6~7日間
吐き気が続く(実際には吐いていません)

 

約4週間後
ネオクレンズを摂取する前までの数値結果を知る
ショックで、濃縮還元ジュースや缶コーヒーを
ほとんど飲まなくなり、飲む量は一気に10分の1以下になる
ジューサーですり下ろした野菜・果物ジュースを飲み始める

 

約5週間後
これまで美味しかったはずのマクドのシェイクが
「こんなに美味しくなかったっけ?」となる
最近、夜によく食べていたオヤツをあまり食べなくなったことに気づく

 

約7週間後
朝の目覚めが良くなり、
起きてからすぐ仕事にとりかかれるようになる
夜、はやく(22:00~23:00くらいの間に)寝てしまうことが多くなる

 

結果として、
 ・味覚が変わりました
・身体に良くないジュースやオヤツを
あまり飲んだり食べたりすることが減りました
・早寝早起きができるようになりました
・以前より快便になりました

というような変化が起こりました。

 

最初の検査結果は、大変ショックでした。

 

ショックで、数値に悪影響を及ぼしてそうな
濃縮還元ジュースや缶コーヒーをほとんど飲まなくなり、
飲む量は一気に10分の1以下になりました。

 

ネオクレンズを摂取した後の数値については、
「こんな短期間で、こんなに解毒できるんだ!」
と大変嬉しくなりました。

 

ギブソン先生の東京の講演会に参加してくださった方々と
後日話す機会があったのですが、
みなさま、ネオクレンズの商品と同時に、
検査数値を調べてもらうことに
非常に興味を持っていらっしゃいました。
ある程度の予測はしていましたが、
やっぱり必須栄養素の量が足りていないことを再認識できました。

 

ネオクレンズは、
もともと解毒のためのサプリメントの印象が強かったのですが、
必須栄養素も摂取できることを知り、
一石二鳥の素晴らしいサプリメントだと思いました。

 

今回プログラムに参加させていただけて本当に良かったです。

 

特に、ネオクレンズを摂取するだけでなく、
検査をしていただけたので、
数値的な変化を知ることができたことが
非常に良かったと感じています。

 

検査結果を知らなければ、
一気に、数値に悪影響を及ぼしてそうな
濃縮還元ジュースや缶コーヒーを
ほとんど飲まなくなるといったことはしなかったように思います。
(それまでは、美味しいと思っていたので、頻繁に飲んでいました)

 

解毒などにご興味のある方は、
是非一度検査を受けてみていただければと思います。

 

そして、数値が良くなかった場合は、
ネオクレンズを摂取していただくと、
絶対満足できる結果が得られること、間違いありません。

 

私自身、今後も引き続きネオクレンズ
摂取していこうと考えています。

 

こんな素晴らしい商品を世の中に出してくださった
ギブソン先生とクエスト社さんにとっても感謝しています、
本当にありがとうございました。

 

 


無料オンラインセミナーのご案内

★10月26日(木)10:00-
慢性の痛みが脳に与える影響

★11月17日(金)10:00~
ワクチンは、安全で有効なのか?
それとも危険で死を招くものなのか?

 

これまで開催した無料オンラインセミナーの動画はこちら

 


 

クエストグループが年4回発行している
【ナチュラルヘルスニューズ】

こちらに
放射能でDNAが変化することで起きること
を寄稿させていただきました。
ぜひ、ご一読ください。
また、「ナチュラルヘルスニュース」は
年4回発行 年間1,000円で購読が可能です。
ご希望の方はこちらからどうぞ

 

 


 

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-5915-0345
メール[email protected]

 

 

腸から始まる脳の健康

腸内細菌の微生物叢(ビセイブツソウ)*は、
私たちがどのように考え、感じるかを左右する
重要な役割を果たします。
あなたの腸の健康は、
あなたの脳の健康、幸福、
そして長生きできるかどうかを決定します。

 

腸内細菌が人の健康に影響することは
誰もが知っており、
多くの人々はそれがアレルギー、
消化、免疫機能に影響を与えることも分かっていますが、
私は今回まだ広く理解されていないことについて
お知らせしたいと思います。

 

神経学者でありまた科学者として、
私は長年微生物が
人間の脳にも影響を与えることを観察してきました。
腸と脳とのつながりは強く、
私たちの精神的健康と寿命は、
活気に満ちた多様な微生物叢により決定されています。

 

*微生物叢
人体に生息する細菌の集まりを意味します。
私たちの体には約100兆個の細菌や
その他の微生物が生息しています。
私たちはこの膨大な微生物群に依存して生きています。
微生物叢は私たちを病原菌から守り、
食品をビタミン、酵素、脳の化学物質などの
利用可能な分子に再構成しています。
私はようやくこの話題に
関心が向き始めたことを嬉しく思っています。
この知識が有効に活用できるようになるまでには
長い時間と多くの労力が必要でした。
長い間の研究により、
私たちの微生物叢には
数千種類の細菌がいることが分かりました。
これらの細胞数は
我々の人間の持つ細胞よりも多いのです。
そしてプロバイオティクス(体に有益な細菌、善玉菌)が
適切に混在すると、
不安、自閉症、うつ病、その他の脳の問題の解決に
重要な役割を果たすことが明らかになりました。
自閉症患者と腸内細菌についての関係は、
最初に私の興味を引いたテーマです。
長年、ASD(自閉スペクトラム症)患者は
胃腸の問題にも苦しんでいることを
医師や親も知っていましたが、
それでも腸内微生物と
自閉症との潜在的な関係を調査するまでには
時間がかかりました。

 

自閉症児の母親から
これについて研究をしてくれと
初めて懇願されたのは20年前でした。
研究したところ我々は、
自閉症者の腸内環境の微生物叢が
健康な人と大きく異なることを発見しました。
幼少からのワクチン、抗生物質、悪い食生活、
および合成食品添加物は
正常な腸の細菌を破壊します。
その結果として生じる悪性の腸内細菌は、
着実に脳を冒して行きます。

 

そして欠損している特定の細菌が与えられたとき、
患者は不安がなくなり、
よりコミュニケーションが取れるようになり、
反復性行動が少なくなりました。
良い細菌は症状をすぐに改善しましたが
解毒および脳の栄養と組み合わせると、
結果は劇的なものでした。
これにより、特定のプロバイオティクスを用いて
あらゆるタイプの神経学的疾患を
治療できる可能性が明らかになったのです。

 

その後、多発性硬化症の患者を治療している間に、
私は外的な症状や運動機能に
目に見える改善が見られる前に、
不安とうつ症状が改善することに気づきました。
また、全体的な脳の機能にも改善を示しました。
私たちが与えた細菌は、
セロトニンやドーパミンのような
幸福ホルモンと言われる
神経伝達物質の産生を助けていました。
しかし、その反対も起こりうるということを
覚えておいてください。
ある特定の細菌を増やすと、
不安やうつが増します。
さらに別のある細菌は記憶、認知、
免疫機能および睡眠に影響を与えますが、
これも色々な細菌を変えることで
制御できる多くの変化のほんの一部に過ぎません。

 

消化管を治療するための一般的な方法のひとつは、
良い細菌を分離して培養し、
それらをプロバイオティクスヨーグルト、
飲料やサプリメントに使用することです。
より高い濃度にすることで改善が見られましたが、
これだけではなく
今私が患者に使用している次のような方法や
知識も加えることが大切です。

 

1.
私たちが腸内で作り出す環境は、
小さな市民である細菌のための住処です。
漏れのある傷ついた腸(リーキーガット)を修復するには、
コラーゲンを食生活に取り入れることが大切で、
それがないと改善は難しくなります。
骨から取ったスープやその粉末スープは、
この問題を改善するための優れた方法です。

 

2.
良い細菌は、抗生物質やワクチンのような
プロバイオティクスを殺す薬により減少します。
また、加工食品やパッケージされた食品に含まれる
多くの化学物質も同じ働きをします。

 

3.
「良い犬と悪い犬が私たちの中でけんかをしています。
私たちがいつも食事を与えているほうが勝ちそうです。」
という言葉があります。
つまり、あなたが食べるものが
微生物叢を養っていますので、
砂糖やジャンクフードのような食品を摂れば
有害な細菌(悪い犬)に栄養を与え腸内の環境を悪化させます。

良い細菌(プロバイオティクス=良い犬)に
栄養を与える食品は
プレバイオティクスと呼ばれていますが、
プレバイオティクスには
新鮮な緑の野菜とその他様々な色の野菜が最適です。

 

4.
水を循環させることは大切です。
庭の草花のように、
微生物叢はきれいな水がたくさん必要です。
水はまた、生物学的活性から生まれる
毒素および廃棄物を排出するのに役立ちます。

 

5.
思考、感情および身体活動によって
生み出される化学的環境も、
腸の血液および神経の健康に影響を及ぼします。
ネガティブな思考、ストレス、睡眠不足、運動不足は
すべて腸に損傷を与えます。
脳を鍛え、十分な睡眠を摂り
運動をしてすべての面を良くしましょう。
思考も感情も、
実際にすべて体内の化学物質に
影響されていることを忘れないでください。

 

6.
さまざまな生の野菜を発酵させたものが
細菌にとって最高の食べものです。
細菌叢には細菌が多いことが大事なだけではなく、
多様性が必要です。
生のキムチは
同じ量のヨーグルトより10万倍の細菌と、
4000種類以上の異なる土壌有機体が含まれています。
この細菌叢の多様性は
特定の分子または特定の栄養素を守り、
また作り出すために各株が特殊化されているため
非常に重要になります。
私たちの胃は、
食品を小さなレゴブロックのようにごく小さく分解し、
これらのレゴは原料として腸に届けられます。
各タイプの細菌は、これらの食品レゴを取り、
それらを利用して
使用可能な有用分子にすることができます。
微生物叢の多様性があり、
またそれが健康なものであればあるほど、
特殊で有用な分子が供給できます。

 

 

腸が健康でないと細菌叢は人口が減り、
犯罪多発地域に変わります。
これらの悪玉菌と呼ばれる細菌の一部は、
活力のある微生物叢の一部である場合には
有用かもしれませんが、
増えすぎると有害になる可能性があります。

 

健康は偶然手に入るものではなく、
自分の意志で健康になるものなのです。

 


無料オンラインセミナーのご案内

10月26日(木)10:00-
慢性の痛みが脳に与える影響

 

 

 

 

★11月17日(金)10:00~
ワクチンは、安全で有効なのか?
それとも危険で死を招くものなのか?

 

これまで開催した無料オンラインセミナーの動画はこちら

 


 

クエストグループが年4回発行している
【ナチュラルヘルスニューズ】

こちらに
放射能でDNAが変化することで起きること
を寄稿させていただきました。
ぜひ、ご一読ください。
また、「ナチュラルヘルスニュース」は
年4回発行 年間1,000円で購読が可能です。
ご希望の方はこちらからどうぞ


 

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-5915-0345
メール[email protected]

 

医薬品が危ない!!

ほとんどの医師は副作用を見落とし、
代わりにそれらを新しい症状としてみてしまいます。
薬によって誘発された神経学的症状は、
しばしば一つの薬から生じますが、
多数の薬を同時に使ったときに、
より明白になる傾向があります。
すべての医薬品は、本質的に危険であり、
どの処方薬も摂取する前に
考慮しなければいけない副作用があるのです。
これらの危険性を患者に教育すること、
そして、もはやどの薬も必要ないほど
十分に健康になるのを助けることが、
すべての医師のゴールであるべきです。

 

薬物療法をやめることで
健康状態が改善されたということから、
薬物療法はしばしば
新しい疾患の出現を引き起こすという認識が得られます。
意識的に、薬物誘発性の
神経学的症状の可能性が高いことを考慮することは、
有用な評価の一部でなければいけません。
これらの副作用は、誤った精神医学的診断などの、
誤診になりがちです。
私は、仲間の医師が「もし悪いところを見つけたら、
患者が狂っているに違いない」
と言っているのを聞いたことがあります。
悲しいことに、薬の相互作用は、
医師を混乱させるさまざまな症状をもたらし、
新たな病状として誤認される可能性があります。

 

大抵の医師や薬剤師は、
これらの有害な反応が
一般的な薬剤によって引き起こされることを通常、
予測または認識しません。
中枢神経系(脳、脊髄)や末梢神経の変化は、
協調運動障害、筋力低下、無感覚(しびれ)、
意識の消失、臓器機能不全、発作、まひなど
広範囲の症状を引き起こします。
要するに、脳は体の全てを管理しているので、
脳が薬により悪影響を受けると、
体内の全てのものが影響を受ける可能性があるのです。
2013年7月の最近の例では、
FDAは抗マラリア薬のメフキロンにおける、
めまい、平衡感覚障害、耳鳴りなどの
深刻な神経学的副作用について、
ブラックボックス警告
(処方箋医薬品のリスクの可能性について
ラベルに記載される警告文の1つで,
医学的に深刻な,時には生命に関わる副作用を
引き起こすリスクを伴うことを示すもの)を出しました。
そして、12月には一般的な抗生物質によって生じる
末梢神経障害についての以前からの深刻な警告を強化しました。

 

薬のとても限られた市場前の安全試験は、
新しい神経学的な副作用を同定するための
薬剤の市販後調査を必要とします。

 

脳血管障害


小脳症候群は、運動とバランスを担う
脳の領域の正常な機能が破壊された結果です。
薬物誘発性の小脳症候群は、
フェニトイン、リチウム、カルバマゼピン、
抗ガン剤、抗生物質などたくさんの薬が原因になります。
協調運動障害に加えて、
患者は構音障害や眼振を経験します。
多くのケースは可逆的ですが、
回復不能な障害になる可能性があります。
特に、リチウムと抗精神病薬の同時使用で起こります。

 

また、深部静脈血栓症、肺塞栓症、
心筋梗塞、ガン、不妊症、脳卒中は全て、
エストロゲンおよび/または
プロゲステロンの使用の結果生じます。
ホルモン補充療法は、
もはや更年期の女性たちに処方されるべきではありませんが、
多くの医師は神経学的副作用の危険性、
特に、注射可能なホルモンや
経口避妊薬を摂取している女性たちの危険性を無視しています。

 

脳血管性の影響で知られている医薬品を摂取するときは、
すべての修正可能な危険因子を管理する必要があります。
食生活の変化、栄養補給、運動、
そして神経毒の除去は重要なステップです。
危険な薬を除去しても安全なくらい、
できるだけ早く取り除くことがゴールですが、
これは慎重なプロセスであり、
専門家の助けなしに試みるべきではありません。
抗精神病薬は、一過性の虚血性発作、
脳虚血、不特定の脳血管障害、
および脳卒中の発生率を有意に増加させます。
抗精神病薬を与えられている、
高齢の認知症関連の精神病患者は、
死亡リスクが増加します。

 

 

認知機能障害とせん妄


せん妄は、
薬物の一般的な神経学的副作用であり、
(必ずしもそうというわけではないが)
特に高齢の患者に見られます。
せん妄は、しばしば認知機能、
気分、注意力そして覚醒の変化につながります。
原因薬物が除去され、
適切な脳の栄養素が供給されると、
せん妄は回復する可能性があります。
副作用はしばしば
実行機能の微妙な機能障害として始まり、
その結果、作業記憶、問題解決、
論理思考のような、
認知的作業を調節する脳の能力を弱めます。
せん妄と認知症は、
脳内の変化したコリンシグナルに端を発します。
抗コリン薬は、
混乱と認知機能障害を引き起こします。
また、多剤が同時に使われると、
重症度が増加します。
特に、患者が危険について教育されないと、
自分で購入するOTC薬がさらなる負荷となり、
認知能力への毒性は急激に発達します。

 

 

神経遮断性悪性症候群


神経遮断性悪性症候群(NMS)は、
一般の神経遮断薬や抗精神病薬が原因の、
薬物誘発性神経障害です。
筋硬直、自律神経不安定症、
高熱、認知機能の変化(せん妄など)は、
NMSの特徴です。
これらは、大脳基底核の線条体、
脊髄、視床下部のドーパミン受容体D2が
抑制された結果、起こります。
もし、医師が薬物神経障害の
症状として認識していなかったら、
死もあり得ます。
一度発症すると、
重症度のピークは約72時間です。
筋硬直と震えは、
しばしば筋組織の破壊を引き起こし、
クレアチンの濃度を上昇させます。
数多くの薬がNMSを引き起こします。
また、レボドパなどのドーパミン作動薬の
突然の中止も問題となり、
NMSの危険を増加させます。

 

 

運動障害


薬物誘発性運動障害(DIMDs)は、
様々な薬を摂取している患者に過度の負担を与え続けます。
患者が運動不能になり正常に動けなくなった時、
DIMDsは生活の質を低下させ、
健康を悪化させます。
抗精神病薬、パーキンソン病薬、
そして胃腸薬は全て、
薬物誘発性の神経学的副作用の原因になります。
幾つかの薬物は、震えを引き起こし、
これは病気と混同されるかもしれません。
DIMDsは、穏やかに苦しいものから、
永久的で外見を損なうものまでさまざまです。

 

パーキンソン病のケースの3分の1から2分の1は、
医薬品が原因です。
神経遮断薬と抗うつ薬は、
これらの錐体外路症状(EPS)の2大原因です。
パーキンソン病は主に、
ドーパミンのアンバランスに関係していますが、
セロトニンもまた症状に影響します。
セロトニン受容体もドーパミンの放出に影響します。

 

運動障害の範囲は広いです。
静座不能(アカシジア)は、動きたい欲望を伴う、
落ち着きのない感覚と言われています。
遅発性症候群は、遅発性の舌、
顔、あごの異常な不随意運動で、
薬をやめてから数年後に起こる可能性があります。
遅発性ジスキネジアは、
適切な回復の脳治療なしでは、
永久的な外観を損なう状態です。
急性ジストニアは、
薬の初回投与の時に起こる可能性があります。
患者は、歩行、呼吸、嚥下が困難になるため、
症状は苦悩や痛みを伴います。

 

 

発作障害


薬物誘発性発作は、
脳内の神経細胞の信号が異常な時に起こります。
この異常な電気発射が、
体の動きや行動、および/または
意識レベルを損なう可能性があります。
2回以上発作がある患者は、
てんかんとみなされます。
薬物誘発性の発作に関連する症状は、
薬剤に関係ない発作の症状と似ています。
薬物誘発性の発作の大部分は、
全般性強直間代(性)発作として現れます。

 

個人に特有の脳内の阻害シグナルと
興奮シグナルのバランスが、
発作の危険性を変化させます。
閾値が低いと、発作が起きる可能性が高くなります。
薬物誘発性発作の危険性は、
多剤を同時に使うと増加します。
発作の閾値を下げる薬と同時に摂取する、
食事、ストレス、OTC医薬品、
アルコールに含まれる毒素の影響を考慮することは
特に重要です。
ベンゾジアゼピンのような薬の中止もまた、
発作を起こす可能性があります。
発作の危険性は、薬によってさまざまですが、
食事とライフスタイの積極的な変化で減らすことができます。

 

抗うつ剤、テオフィリン、クロザピンは、
一般的に薬物誘発性発作に関与しています。
薬物間の相互作用が、
患者の発作の活性の増加の一因です。
食生活、ストレスレベル、
代謝の異常(例、電解質不均衡)、
頭部外傷といった、たくさんの患者の要因が
さらに発作の危険性を増加させます。

 

てんかんは、片頭痛、脳卒中、
アルツハイマー病に続く、
アメリカで4番目に一般的な神経疾患です。
新たに発作が起きる患者が増加しています。
薬物により発作が起こらないように、
薬歴と現在の使用薬物は検査されるべきです。

 

 

セロトニン症候群


セロトニン症候群(SS)は
急性の医原性の薬物誘発性の状態で、
セロトニン過剰と過度の刺激によって生じる、
予想できる症状のことです。
認知と行動の変化、神経筋の興奮性、
自律神経不安定症が起こります。
患者は一般的に発汗、動揺、震え、悪心嘔吐を呈します。
過剰のセロトニンが、ドーパミンの分泌を低下させ、
NMSの患者にみられる類似性がみられます。
SSは、軽症から重症までさまざまで、
命に関わる可能性もあります。

 

抗うつ薬がSSの一般的な原因です。
抗うつ薬以外では、
ペチジン塩酸塩やイブプロフェンなどの
鎮痛剤もまたSSを引き起こします。
回復させる脳の栄養素は効果的な代替療法で、
薬物療法以上に生活の質への恩恵が大きいです。

 

 

不眠症


成人の約3割がある程度の不眠症を経験しています。
不眠症は、かかりつけ診療所のよくある不満で、
患者の最大40%が
明らかな睡眠障害で治療介入を求めています。
不眠症は、薬の神経学的副作用が原因で増加しています。

 

不眠症の患者は、夜寝つきが悪い、
眠りを維持できない、朝早く目が覚める、
眠りが浅く十分眠った感じがしないなどの症状があります。
症状に関わらず、不眠症の患者は
みんな睡眠全体の質が悪いことが報告されています。
正常な睡眠は、ノンレム睡眠とレム睡眠で構成されており、
夜間を通して周期的に繰り返されます。
この睡眠周期が壊れた不眠症は、
患者の生活の質を低下させ、
脳疾患や病気のリスクを増加させます。
不眠症の原因が刺激であることはよく知られていますが、
抗うつ薬、副腎皮質ステロイド、
β作用薬、抗パーキンソン病薬などの薬物もまた、
不眠症を引き起こします。

 

できるだけ早く原因薬剤を取り除くことが懸命です。
用量を下げ、患者に安眠テクニックを教育するのが、
最初の良い一歩です。
睡眠薬はしばしば状況を悪化させ、
依存を作り出し、患者を悪循環に陥らせます。

 

 

結論


患者と医師は、
薬剤の神経学的副作用の確認を怠ってはいけません。
見落とされた、または誤診された薬物の副作用は、
患者に重大な危険をもたらします。
もし適切に対処されなければ、
これらの神経学的副作用は、
永久の脳障害や死も含む、
永久的なそして/または回復不能な状態になる可能性があります。
適切な食生活、栄養、
そして運動に取って代わるものはありません。
究極的には、あなたは飲んでいる薬で、
賭けをしているようなものです。
もし全く副作用が起きないくらい運が良いのであれば、
ラスベガスに行くのもいいかもしれません。

 

偶然ではなく、
意図的に健康になりましょう!

 

 


無料オンラインセミナーのご案内

★10月26日(木)10:00-
慢性の痛みが脳に与える影響

★11月17日(金)10:00~
ワクチンは、安全で有効なのか?
それとも危険で死を招くものなのか?

 

これまで開催した無料オンラインセミナーの動画はこちら

 

 


 

クエストグループが年4回発行している
【ナチュラルヘルスニューズ】

こちらに
放射能でDNAが変化することで起きること
を寄稿させていただきました。
ぜひ、ご一読ください。
また、「ナチュラルヘルスニュース」は
年4回発行 年間1,000円で購読が可能です。
ご希望の方はこちらからどうぞ


 

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-5915-0345
メール[email protected]

 

 

9/14 自然療法でうつ・心配性を改善する方法

あなたやあなたの知人に、次の症状に当てはまる人はいませんか?

 

✅ベッドからなかなか出られない
✅気分が優れないため、あるいは、怖くて外出する気になれない
✅常に悲しい気分でいる
✅人生を楽しむことに疲れ果てている
✅大切な人と時間を過ごしていても、幸せ感を抱けない

 

厚生労働省は、平成23年12月に、うつなどの気分障害で医療機関で
受診している総患者数が、111万人6千人を超えたと発表しました。

 

うつは実在する状態です。

 

うつの人は疲れ切っていて、
物事に無関心で、悲壮感を持ち、不幸せです。
また、悲しいことに、
うつの人はしばしば自殺して自ら命を絶ってしまいます。

 

人生がうまくいっているときでさえ、
脳内の化学物質のアンバランスが
無意識に感情を作り出しているかもしれません。
悲しいと感じるのに明らかな理由がないことは、
特にいらいらするものですが、
その感情が本物ではないということを意味するものではありません。
化学物質のアンバランスにより生じるダメージは、
まさに本物であり、治療しなければ、時間とともに、さらに悪化します。

 

では、うつの人の脳の状態はどうなっているのでしょうか?

 

脳内に存在する良い化学物質(神経伝達物質)と
悪い化学物質の量のバランスが悪いとうつ病が生じます。
体が良い化学物質を作るか、
または破壊するかは、日々の生活の中に多くの要因があります。

 

この良い化学物質/悪い化学物質は
腸内環境に左右されることをご存知でしたか?
あなたを悲しくさせたり、幸せにさせるということが
実は腸内環境によるものなのです。
そして、うつ状態になると、脳がその状態に慣れ、
うつでいることが当たり前になってしまうのです。

 

今、私たちにできることは、
うつになっていない私たち自身がその治療法を学び、
うつ状態の人々を助けることなのです。

 

もしあなたの周りで
あてはまる項目がある人がいるのなら、
あなた自身がこのオンラインセミナーに参加するか、
その方、その方の身近な方をお誘いださい。

 

ドクター・ギブソンは、
今まで何百人の患者のうつ病を克服させてきました。
自暴自棄で自殺寸前の人々の脳を改善し、
生活を改善するのを助けてきました。
ドクター・ギブソンがお勧めする自然な療法は、
薬で症状をごまかすことではありません。

 

実際に、脳を癒し、うつから解放するのをお手伝いします。

 

ドクター・ギブソンがシェアする方法で、
たくさんの貴い命を守ることができます。
うつだからと言って諦める必要はありません。

 

うつも克服できる希望があるのです。
気分もよくなります。
あなたの体が、
より幸せな良い化学物質を作るようになればうつを改善できるのです。

 

あなたも、幸せになり、人生を楽しみ、
家族や友達と時間を過ごすことができます。
同様に、他の人が幸せになるのを手伝うことができます。

 

09月14日(木)10:00-

自然療法でうつ・心配性を改善する方法

 

【動画】医師が教える、健康長寿7つの秘訣~100歳以上で、介護なしで若々しく生きるには?

あなたは、
自分で細胞の環境を
コントロールできるということを知っていましたか?
遺伝子をコントロールし、
DNAを改善できるのを知っていましたか?
どのように年をとるかを決められることを知っていましたか?

 

私たちは皆、健康長寿になりたいと思っています。
あなたがどのように年をとるかをコントロールできます。

 

知識を深め、体内時計の進行を遅らせ、
エネルギッシュに生きることができます。

ドクター・ギブソンのオンラインセミナーでは、
以下のことを学ぶことができます。

 

• どのような毒素が、脳をダメージし、あなたを老化されるか?
• テロメアとは? 老化のプロセスをコントロールする、全ての細胞にある、小さな体内時計「テロメア」について
• ほとんどの人が知らない、細胞時計の進行を遅くする酵素を活性化する方法
• 老化をコントロールするエピジェネティクスについて
• 1日数分でできる、若さを保ち、より健康になれるトリック
• DNA と老化の関係、染色体にスイッチを入れて、より長生きできる方法
• アンチエイジングのための食べ物とサプリメント
• アンチエイジング神話のウソ、ホント!!

 

私が、誰もが知りたい、
画期的な最新の健康情報を一挙公開!

 

80歳以上になってもハイキングやダンスをしたり、
孫たちと遊んだり、運動競技に出られ、
100歳過ぎても健康でイキイキ生活できる秘訣が満載です。

 

 

 


無料オンラインセミナーのご案内

◆2017年8月24日22:00~

 

これまで開催した無料オンラインセミナーの動画はこちら

 


 

クエストグループが年4回発行している
【ナチュラルヘルスニューズ】

こちらに
放射能でDNAが変化することで起きること
を寄稿させていただきました。
ぜひ、ご一読ください。
また、「ナチュラルヘルスニュース」は
年4回発行 年間1,000円で購読が可能です。
ご希望の方はこちらからどうぞ


 

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-5915-0345
メール[email protected]

 


 

あなたの応援が励みになります。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

 

脳のダメージを引き起こす鉛の毒性

鉛の毒性は、
神経学的な問題や慢性の健康問題の
最も一般的な原因のひとつです。
この重金属からあなたの体を守り、
鉛の毒性の危険を減らす方法を知りましょう!

鉛はどこから来るのか?
鉛は、地球の地殻内に含まれていますが、
自然暴露は非常に低いです。
しかし、製造業が盛んになったため、
私たちの鉛への暴露は危険なレベルに達しています。
古代ローマ人は鉛製の配管を使い、
人々を死に至らしめ人口を減少させた最初の例です。
残念ながら、中国の農業と製造業のずさんな安全管理が、
世間一般の人の鉛の量を危険なレベルにしています。
多くの中国産の食品や製品が汚染されているのです。

大人にとって、鉛の毒性の最大のリスクは職場での暴露です。
以下の現場やこれらの産業で働いている人は、
環境からの鉛汚染の非常に高い危険にさらされています

  • 精錬、溶接
  • バッテリーの製造とリサイクル
  • パイプの切断
  • 特定の鉱業
  • 建設
  • ラジエーターの修理
  • ガラスの製造

また、これらの産業で働く人は、
鉛ダストを職場から家に持ち込む可能性があることに
注意しなければいけません。

有鉛ガソリンの使用は、
1978年から欧米諸国では禁止されていますが、
発展途上国ではまだ広く使われています。
また、大気汚染物質の高濃度の鉛は、
水道の鉛の濃度が高い原因になっています。
しかも、古い公共水道は、よく鉛の配管が使われています。

他の鉛被ばくの可能性がある日常の原因には以下のものがあります

  • 中国製のおもちゃ、陶器、食品
  • ハンダ付けの綴じ目に鉛を含む貯蔵缶(1991年に禁止されたが、発展途上国では未だに使われている)
  • 鉛入りの塗料(鉛入りの塗料は現在禁止されているが、まだ古い家屋のいたるところに見られる)
  • 特定の台所用品
  • 近くの工業原料由来の鉛を含む土壌
  • 屋根の材料
  • 古い、または海外の子供達のおもちゃの一部のブランド
  • 一部の化粧品(特に、コール)
  • 住宅の改修(古い鉛入りの製品から)

鉛はどのように体に影響を及ぼすか?
鉛は、人間にとって非常に有毒であり、
私たちの脳、肝臓、腎臓の機能を妨げ、
しばしば永久的なダメージを引き起こします。

長期間の低濃度の鉛暴露はずっと一般的であり、
慢性毒性の原因になります。

鉛の慢性毒性の影響には以下のものがあります

  • 生殖能力の低下(男性の精子の数の減少、女性の流産の増加)
  • 慢性疲労
  • 消化不良
  • 食欲不振
  • 発達障害、学習の遅れ
  • 関節痛、筋肉痛
  • 記憶や気分の問題
  • 頭痛

鉛は活性酸素種の高い産生を引き起こします。
これが、体の抗酸化剤を作る能力を低下させ、
多くの臓器の永久的な細胞ダメージの原因になります。

また、鉛には、多くの組織に浸潤して、
ゆっくり時間をかけて蓄積する不思議な能力があります。
一度血流に入ると、鉛は赤血球に素早く結合します。
そして、腎臓や骨髄、脳、肝臓に輸送されます。
これらの組織では、鉛の半減期は数十年です。
一部の鉛は、尿や胆汁中に排泄されるかもしれませんが、
骨代謝の回転が高い場合(例えば、更年期や妊娠中)は、
鉛は血流中に再度放出されます。

子供達は特に鉛の毒性が高いことに
注意しなければいけません。
子供達の若い発育過程の脳は、
特に被害を受けやすいです。
長期の鉛の暴露の副作用は、
3歳児やそれ以下の子供達には最も深刻です。

私たちに何ができるか?
鉛の毒性を減らす最初のステップは、
暴露を減らすことです。
鉛製品を扱う仕事をしたり、
鉛が含まれている原料を処分したりするときに、
適切な防護衣料を身につけることは重要です。

重度の鉛の毒性の場合は、
医師は鉛の尿中排泄を増やす解毒療法を勧めるべきです。
ネオクレンズ」は、体から鉛のような毒素を除去する最良の方法の一つであることが知られています。「ネオクレンズ」には、
鉛を放出させ、結合し、
体から排泄するのを助ける植物抽出物が使われています。

栄養素も、鉛の毒性を減らすのに
重要な役割を果たしています。
ビタミンC、鉄、カルシウムが不足した食生活は、
鉛の吸収の増加と関連しています。

一方で、食物繊維が豊富な食生活は、
鉛の吸収を防ぐ可能性があります。
以上のことより、適度な脂肪摂取と、
たくさんのビタミンC、カルシウム、食物繊維が、
あなたを助けるでしょう。
ブロッコリーや海藻、ニンニク、パセリやコリアンダーなどの
解毒を助ける食物も食べましょう。

浄水器を通した水を飲むことは、
鉛の毒性の危険性を減らすのに重要です。
まず、浄化されていない水には、
古い配管や汚染された水由来の鉛が含まれている可能性があります。

また、フッ素は子供達の鉛の吸収を増加させます。
子供達には、フッ素が含まれていない
純水を飲ませるように注意してください。
歯磨き粉や他の歯科製品のフッ素も避けましょう。

ネオクレンズ」は、体内に入り込んでいる鉛の除去を助ける、
すべて天然成分で作られた解毒剤です。
ネオクレンズ」は、鉛と結合し、体から除去するのを助けます。
また、毎日摂取される鉛を、体内に吸収しないように、
身を守ります。
私たちの臨床試験では、
水銀やアルミニウムなどの他の有害な重金属同様、
鉛の量も、すべての被験者で減少しました。
ネオクレンズ」の90日間デトックスプログラムの購入者は、
驚くことに血中の鉛の量が60%も減りました。
全ての被験者は、
血液検査の数値で多くの他の毒素も大幅に減少しました。

ネオクレンズ」の90日間デトックスプログラムの
詳細な結果についてはこちらをご確認ください。
http://www.neocleanse.net/archives/category/testimonials-2?lang=ja

また、こうした身の回りにある毒素をもっと知りたい、
デトックスの方法を知りたい方は、
ぜひ、こちらのオンラインセミナーにご参加ください。

 

 

 

 

重金属と必須ミネラルの関係

重金属と必須ミネラルの関係

誰もが、カドミウム、鉛、水銀などの重金属にさらされています。
こうした毒素は環境に広く存在し、深刻な問題となっています。
カドミウム、鉛、水銀だけでなく、アルミニウム、ヒ素なども
体に害となる主な重金属です。
ベリリウム、ビスマス、臭素も同様に私たちにとっては毒物です。
これらの多くは、数世紀前まではごく少量で、
比較的安全な量だけ環境に存在していました。
しかし、工業化と科学技術の発達によりもたらされた産業は、
環境への悪影響なしに成立しませんでした。
地中からこうした金属を掘り出し、
家庭で使う製品に用い、
また食物を入れる容器に使うことで、
人々は毒物にさらされることになったのです。

こうした毒となる金属は空気、水、土を汚染し、
食物連鎖にも影響を与えています。
重金属が問題を起こす原因は、
体の機能のために必要なミネラルと
毒物である重金属が体内で置き換わるためです。
毒素の濃度が高いと、
健康と長寿のために細胞が必要とするミネラルの吸収を阻害してしまいます。

 

カドミウム


カドミウムに慢性的に触れることは、健康に害を及ぼします。
カドミウムは土や海水に含まれ、
食べ物、飲み水を汚染していることもあります。
煙草の煙を吸うことで吸収されますが、
肌からも吸収されることがあります。
赤血球と結びついて体中に周り、肝臓と腎臓で濃縮されます。
ゆっくり排出されますが20−30年もの間、
体に残ることがあります。
カドミウムは、亜鉛で置き換えることができます。
亜鉛は必須ミネラルで、免疫システムをサポートし、
たんぱく質を合成し、脳の健康と生殖機能に関する役割がありますが、
カドミウムは酵素、とくに亜鉛、銅、セレンなどを含む
酵素の機能を阻害します。
これは高血圧を招き、腎臓、肝臓にダメージを与えます。

 


鉛は、含まれていることを知らずに触れたり
口に入れることで健康被害がよく報告される毒物の一つです。
鉛が含まれたペンキ、鉛で塗装された缶、
鉛を使った焼き物に保存した食べ物、
鉛で汚染された水などが環境中に見られます。
また、鉛は肌からも吸収されます。
化粧品に入っていることもあり、
子どもの場合吸収率は大人の8倍になります。
鉛の入った塗料片やホコリを吸い込むことが、
子どもの体内汚染の主な原因です。
鉛はカルシウムと置き換わるので、
吸収された鉛は骨にたまり、何十年もとどまります。
体からその分カルシウムが減るので、
カルシウムが果たすべき大切な役割が十分に果たせなくなります。

 

水銀


水銀は、他の重金属の体内での分布と滞留に影響を与えます。
このことが、最も危険な重金属である理由です。
また水銀は、口から摂取することも危険ですが、
蒸気を吸い込む場合の方がより毒性が強くなります。
石炭を用いる火力発電所も水銀の発生源であり、
大気が汚染され空気中に広がり、
やがて海水に入り魚や貝に生物濃縮していきます。
その他の汚染源にはワクチンと歯科のアマルガムがあります。

人間は少量の水銀なら排出できますが、
そのために有効な健全な体内機構が欠損している人が多いようです。
体に蓄積すると水銀は内臓に影響し、
脳と腎臓で濃縮される傾向があります。
また胎盤を通じて胎児に影響し、
母乳にも含まれることがあります。
水銀は、エネルギーを生み出すための酵素が活発に働くために
必要な鉄と銅と置き換わり有害な影響を与えます。
マグネシウム、亜鉛、ヨウ素とも置き換わります。

 

ぜひ、下記無料オンラインセミナーに参加し、
参考にしてください。

 

 


無料オンラインセミナーのご案内

◆2017年8月24日22:00~

 

これまで開催した無料オンラインセミナーの動画はこちら

 


 

クエストグループが年4回発行している
【ナチュラルヘルスニューズ】

こちらに
放射能でDNAが変化することで起きること
を寄稿させていただきました。
ぜひ、ご一読ください。
また、「ナチュラルヘルスニュース」は
年4回発行 年間1,000円で購読が可能です。
ご希望の方はこちらからどうぞ


 

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-5915-0345
メール[email protected]

 


 

あなたの応援が励みになります。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

 

水銀~静かに健康を脅かす毒

必須脂肪酸オメガ3はマグロに含まれていますが、
高級なお寿司に使われるクロマグロには
特に高濃度の水銀も含まれています。

 

水銀のように毒性のある重金属は、
体に深刻な影響を及ぼすことがあるので注意が必要です。

有害な重金属が鉱山や発電所から毎日排出されているため、
空気中には水銀が含まれていますが、
食べ物にも含まれているのです。

海の食物連鎖には
非常に毒性の高いメチル水銀として取り込まれていて、
小さい魚を大きな魚が食べて行くことで
濃縮され蓄積されていきます。

クロマグロなどの捕食性で長く生きる魚は、
特に水銀を多く溜め込んでいます。
しかし、こうした空気や魚からのみ
水銀が私たちの体内に入るわけではありません。

歯の詰め物として使われるアマルガムの50%は水銀ですので、
食べ物を噛むたびに水銀が口の中へと溶けていきます。
水銀は免疫機能にダメージを与えたり、
胎児の中枢神経を傷つけるリスクがあることが分かっています。

またアルツハイマーや自閉症などの重篤な症状と関連があり、
こうした症状のある患者の体内には
高濃度の水銀が検出されます。

水銀が引き起こす症状は
アルツハイマーなどのように顕著なものだけではありません。

なぜなら、水銀が体にどういう影響を与えているかは
自分では分からないからです。
神経細胞を壊し、心臓、骨、脳に
障害を与える可能性があります。
また、ものの名前を忘れたり
注意力が散漫になるなどの症状が起きることもあります。
水銀の影響は段々に出てくる場合があるのです。
体がしびれたり、痛んだり、
また徐々に精神的におかしくなっていく場合もあります。
残念ですが、
ほとんどの医師はこうした症状が
水銀と関係しているとは思っていません。
それ以外にも、重金属は慢性の炎症ももたらすため
病気を引き起こし加齢を早め、寿命を短くします。

 

最近行われた研究で
3000人のフィンランド人男性を調べたところ、
重金属と心臓病に関連性があることが分かりました。
とくに水銀と心臓病は関係があり、
魚を多く食べる人は体内に水銀が多く蓄積し、
心臓病のリスクが最も高くなっています。
このことは、その他の研究でも証明されています。
ノルウェーで捕鯨に携わる男性は
魚をたんぱく源としていますが、
こうした人たちの体内には水銀が多く、
血圧が高く動脈硬化が進行しています。
こうして水銀は、心臓病をもたらすのです。
現代の主流となっている医学では
コレステロール値を心臓病と関連付けていますが、
科学的には以前から炎症が
心臓病の隠れた原因であるということが分かっています。
水銀により心血管系に炎症が起きるために、
多くの人が命を奪われているのです。
一般の医師たちは、重金属は肝臓と腎臓により
体内から除去されるとしていますが、
実際とはかけ離れています。
重金属は何年も体内に残り蓄積されていくのです。

体内の水銀を減らすためのヒントをご紹介します。

 

1. サメ、メカジキ、サワラ、甘鯛などの魚は、
水銀が多いので避けましょう

2. サケ、タラ、ニシン、ライトツナ、エビ、牡蠣、
ハマグリ、ムール貝、イカ、ホタテ貝など
水銀の少ない種類のものを食べる場合も、
週に350gくらいまでにしましょう

3. 淡水魚のバスは比較的高い濃度の水銀が含まれているので、
月に170gまでにしましょう。

4. 魚を食べるときはいつも緑黄色野菜などと一緒に食べましょう。
海草、ブロッコリー、ブロッコリースプラウト、
アスパラガスなどは水銀の排出を助けてくれます。

5. 水銀は、果物や野菜の繊維質に吸着されやすいものですが、
中でもイチゴは一番水銀を排出すると言われています。

体内の水銀の影響を無くすためには、
解毒が大切です。

 

ネオクレンズは、
摂取前と摂取後の血液検査により
水銀の排出に有効であることが証明されています。
90日間の解毒を行うだけで、
長年体内に溜めて来た水銀を排出することができます。

90日間の解毒プログラムを実践した方々の結果はこちら

 

健康を維持するために、
その後も毎年1度は解毒をすることをお勧めします。

また、下記日程で無料オンラインセミナーを開催します。
今回は「毒素」にフォーカスした内容となっていますので、
ぜひ、参考にしてください。

◆2017年8月24日22:00~

 

これまで開催した無料オンラインセミナーの動画はこちら

 


 

クエストグループが年4回発行している
【ナチュラルヘルスニューズ】

こちらに
放射能でDNAが変化することで起きること
を寄稿させていただきました。
ぜひ、ご一読ください。
また、「ナチュラルヘルスニュース」は
年4回発行 年間1,000円で購読が可能です。
ご希望の方はこちらからどうぞ

 


 

サプリメントの購入またはお問い合わせは下記よりどうぞ
メール問い合わせフォーム
電話0120-676-601
電話03-5915-0345
メール[email protected]

 


 

あなたの応援が励みになります。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村