放射線の人間への影響 基礎編

放射線の人間への影響 基礎編Radiation on DNA

ロバート・ギブソン医師

私たちは懸念すべきことがたくさんあります。「低レベル」の放射線は安全だという人がいる一方、専門家が安全な放射線の量などないと言っています。放射線被曝についていつ懸念すべきか、決断しやすくしましょう。私たちは、この記事で事実を提供します。もしあなたが、「低レベル」の放射線の影響で意見が割れている理由を示す追加の情報が欲しいのなら、「放射線の議論」というタイトルの記事にすでに書きましたので、そちらをお読みください。(記事のリンクはこちらからどうぞ。http://newbraincell.com/blog/?p=881)放射線は、病気の「完璧な嵐の法則」に従っていることを忘れないでください。同時に起こる複数の危険因子が重なることで、単独の問題よりも病気の原因になるのです。ほとんどの場合、一度に集中する多くの原因を問題視すべきなのです。問題を解決するには、それぞれの問題に対しての注意すべき適切な水準をしっかり見定める必要があります。

さあ、始めよう!

電離放射線(または、単に放射線)は、原子から電子を弾き飛ばすことができるほどの、たくさんのエネルギーを持っています。電離放射線は、生物の原子に影響を与えることができます。組織と遺伝子中のDNAにダメージを与えることにより、健康被害をもたらします。細胞内の化学変化を引き起こし、ダメージを与える十分なエネルギーをもっています。死んでしまう細胞もありますし、一時的、または永久的に異常な細胞になる可能性があります。体内の細胞の遺伝物質(DNA)にダメージを与えることによって、放射線はガンを引き起こします。幸いなことに、私が開発したクエストグループの解毒サプリメント「ネオクレンズ」は細胞のダメージの修復に、非常にすぐれています。細胞へのダメージの程度は、臓器と同様、暴露の時間と量により決まります。

放射線についてはたくさん研究されているので、確信を持って言えることがいくつかあります。1,000レムのように、非常に大きい放射線量の場合には、病気が重症になり、短時間で死亡する危険性があることを多くの人が知っています。今回の記事では、「低レベル」の放射線に長期間さらされることについて、詳細に焦点を当てていきます。これは、人口のかなり多い部分に影響を及ぼします。何百万人の人々が、この情報を知ることによって、危険な運命から救われることができるでしょう。

放射線量と危険性:

単位「レム」(またはシーベルト)は、放射線を受けた量を示すのに使われます。どのくらいの放射線エネルギーが体内に吸収されたかの目安を示すことを知っていれば十分です。吸収された合計のエネルギーと、どのくらい体が影響を受けるかが、安全な限界を決める基準です。以下に示す限度は、何千人もの人間の命を犠牲にして決定されました。

1レム=10ミリシーベルト(mSv)

  • 短期間に1レム受けても、目に見える影響はないでしょう。長期間さらされると、人の細胞に変化を引き起こすでしょう。幼児、子供たち、妊婦や授乳中の女性は、すべてのレベルでもっとも危険にさらされています。
  • 短期間に2〜10レム受けると、遅延の健康への影響があり、ガンになる可能性が増えます。慢性的にさらされていると、流産、出産時異常、知能発達の遅れ、発育不全、発育遅延、小児ガンの発生が増加します。放射線被曝による遺伝病が伝わる危険性が増加します。
  • 短期間に10〜50レム受けると、血球の減少、白内障を引き起こします。10レム以上では、放射線量に応じてガンになる可能性が増加します。妊娠や乳児の発達に関するすべての問題が大幅に増加します。
  • 短期間に50〜100レム受けると、幾つかの目に見える健康への影響が起こります。長期間ではガンになる可能性が増加します。すべての高い放射線量では、適切な放射線のデトックスが実行されなければ、ガンを引き起こすでしょう。
  • 短期間に100〜500レム受けると、24〜48時間以内に吐き気、下痢、嘔吐を引き起こします。脱毛と食欲不振が一週間以内に起こります。生存のためには、医療が必要です。このレベルの放射線にさらされた人の半数が、治療をしなければ死にます。
  • 1 短期間、または長期間で1,000レム受けたら、すぐに目に見える健康への影響が現れ、2〜3日で死亡するでしょう。

 

私たちはどのように放射線にさらされているか?

原子力発電所で働いているか、近くに住んでいる人、または病院従事者は、一般的に最高量の有害な放射線にさらされています。しかし、損傷した福島の原子炉から漏れている放射線は、何百万人もの人々を危険なレベルの放射線にさらしています。直接の暴露は、近くの地域を避難することによって制限されていますが、残念ながら、放射性粒子の環境への拡散を止めることは何もしていません。これらの粒子は、土壌や水に浸み込み、空中に浮遊します。そこから、放射性粒子は植物、動物、海産物を介して、食べ物に入ります。従って、私たちは放射性粒子を、吸い込み、飲み、食べているのです。それから、さらに下水や水などに含まれることで広がります。個人的には、これらの源のいくつかは取るに足らない量に見えますが、組み合わさった累積暴露は非常に問題です。

放射線はどのように体に影響を与えるか

他の多くの汚染や毒素のように、私たちの遺伝物質、またはDNAが主なターゲットです。放射線は、DNAと直接相互作用してDNAの結合を壊したり、間接的にDNAの周りの水分子を破壊したりすることによりダメージを引き起こします。これらの水分子が壊れると、フリーラジカルが産生され、不安定な酸素分子が細胞と臓器にダメージを与えます。

細胞ダメーズが修復されないか、不正確に修復されると、ガンに変わるか、死または他の病気を引き起こす可能性があります。胎児または幼児の場合、突然変異は出産時異常または障害につながる可能性があります。

変異した遺伝子が、ストレッサー(ストレスの原因となる刺激)を介して活性化されガンになることよりも、むしろ、変異した細胞が新しい娘細胞に遺伝的なダメージを数十年も伝える可能性があることを忘れないでください。

何が安全か?

その影響がすぐに目に見えて現れないので、放射線は さまざまなレベルで安全だと、不正に主張する人がいるでしょう。被曝した人が、全て健康問題を抱えていないから安全だという人もいるでしょう。これらの放射線被爆は、細胞の強さと回復力によって、個々に影響を与えるのです。また、どのくらいの量を、どのくらいの期間被曝したかが重要です。食生活は、あなたの細胞の再生能力を決定する最大の要因になるでしょう。特定の食べ物は、放射線と毒性の化学物質によるダメージをよりブロックし、修復できるようにするでしょう。ジャンクフードは、あなたの細胞を弱くし、放射線によるダメージや突然変異に対して、より脆弱にします。放射線は、量が非常に小さくても、細胞の生物学的な変化を引き起こすことができます。これらの変化は、一般に見られ、人間の健康に影響を与えます。もっとも報告された人間の健康への影響は、人々が、核兵器の使用や核実験、事故、そして病院での放射線の使用で大量の(50レム以上)の放射線を受けた時です。

 結論)放射線被曝には安全な量はありません。安全で健康に保つための、防御法と修復する方法のみ存在します。

これらに関連した記事で、私はあなた自身と家族を安全で健康に保つ方法をお伝えします。

Leave a Reply

Your email address will not be published.