現在、40代の人々を襲う認知症

イギリスのボーンマス大学の研究者によって行われ、雑誌the journal Surgical Neurology Internationalに掲載された研究によると、認知症や他の神経学的脳疾患が、だんだんと若い人に起こっていることが分かりました。これらの疾患は「ほぼ大流行」のレベルに達し、環境要因が大いに非難されなければいけないところまで急速に来ています。

「このような短期間の増加率は、単に老化ではなく、環境要因が大きな役割を果たしている静かな流行であることを示唆している。」と研究主任は言っています。「現代の生活には、人間の神経疾患などの罹患率を変える環境汚染がある。」と。
死亡率は2倍以上に

研究者たちは、1989年から2010年までの21の西欧諸国における神経学的脳疾患の比率を比較検討しました。その結果、2010年の認知症発症の平均年齢は、1989年より10年早まっていることが分かりました。さらに、55歳から74歳の人々の神経疾患の死亡者は、急激に増加し、75歳以上では約2倍以上になっていました。
これらの変化は21カ国の全ての国で見られましたが、アメリカは最悪でした。アメリカでは、74歳以上の男性の神経疾患の死亡者は1989年から2010年で3倍に、女性は約5倍に増えています。現在、アメリカの高齢の女性は、ガンよりも脳疾患で亡くなっています。これは史上初めてのことです。
研究者の分析によると、この事実は、単に他の疾患の治療が改善されたことだけでは説明つかないことが明らかになっています。
「重要なのは、以前は発病するほど長生きしなかった病気になっているのは、人々がただ長生きしているからだけではない。かつてないほどに、高齢者は神経疾患にかかっている。」プリチャードは言っています。

原因は、過去20年間に起こった環境の変化に違いありません。人間を取り巻く最近の20年間の環境の変化には、石油化学製品、航空輸送、自動車の4倍増、殺虫剤、電子磁場の背景の増加などが見られます。
ワクチンとの関係?

 

ワクチンに含まれる水銀は、早期認知症の発症率の増加に関与している可能性があるでしょうか?2001年までは、水銀を含むチメロサールという防腐剤が多くの子どものワクチンに使われていました。現在でも、この物質はインフルエンザの予防接種や大人のワクチンにまだ使われています。
2010年に雑誌the Journal of Alzheimer’s Diseaseに掲載された調査で、細胞や動物、人間における水銀の影響を見ている過去100件の研究が見直されました。その結果、長期の水銀暴露は、混乱や記憶、認知機能障害などのアルツハイマー病に見られる多くの同様の変化をもたらすことが分かりました。
「水銀は、明らかに神経学的問題に貢献しており、その率は水銀量の増加に平行して増加している。」と研究者のリチャード・デスは言っています。「この2つは、大いに関係があるようだ。」と。

もう一つのワクチンの一般的な成分であるアルミニウムも、認知症に関連があります。2009年に雑誌the American Journal of Epidemiologyに掲載された研究では、飲料水中に高濃度のアルミニウムを含む人々も、認知症の高いリスクがあることが分かりました。また、臨床試験でもアルミニウムは直接、脳の損傷に関連しています。
重金属の毒性

アルミニウム、水銀の両方が、他の供給源からの汚染により、環境内に広く存在します。石炭を使う火力発電所は、水銀汚染の一番の原因であり、魚の水銀汚染の主要な原因です。歯科の詰め物もまた、人間の水銀暴露の主な要因です。また、アルミニウムは、制汗剤、個人衛生製品、缶などの食品容器や調理器具などに含まれています。

 

重金属の毒性は、化学物質の毒性と同様、現代の最も差し迫った健康被害のひとつになりました。ネオクレンズに含まれているクロレラと他の天然成分が、ここで非常に役に立ちます。これらの成分は、重金属と結合し、安全にカラダの外に排出します。水銀の大部分は、便を介して排出されるため、全体的な水銀の排出には特に重要です。一旦、腸の水銀汚染が少なくなると、体の他の組織の水銀が速やかに腸内に移動されてきて、そこで、さらにクロレラが水銀を取り除くために働きます。

 

クエストグループの「ネオクレンズ」は、オーガニックな成分、非遺伝子組替えのものを使用しています。毒素の負荷を減らすのを助けたい、特定の病気を防ぎたい、ただ全体の栄養素を高めたいと言ったいずれにもかかわらず、クロレラは健康な食生活への驚異的な補強になります。クロレラは、「ネオクレンズ」の他のすばらしい解毒成分と一緒に完璧に働きます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.