放射線にさらされた子ども達に何が起こるか?

今日行う選択が子供たちの命を救う

ロバート・ギブソン医師

発達中の胎児は、最も放射線の影響に脆弱です。乳幼児や子ども達、高齢者、妊婦、そして免疫不全の人たちが、成人の健常者に比べて、健康の影響を受けやすいです。すべての人、特に上記の人々にとって、放射線から身を守る行動の指示に従うこと、そして放射線被ばく後の除染を行うことは重要です。もし、放射線被ばくが継続中の場合は、「ネオクレンズ」のような解毒フォーミュラの継続的な使用が必要です。

子ども独自の生理学が、彼らをより高い危険にさらす

放射線の危険は、主に若い人たちの方が高いです。なぜなら、若い人たちは、さかんに分裂する細胞と、発達中の脳のような、敏感な領域を多く持っているからです。新しく形成される脳細胞は、発達を妨害する重金属と放射性物質を蓄積し始めてしまいます。この細胞の誤動作により、子どもは脳の損傷と神経変性疾患によりかかりやすくなります。子どもへの影響は、知的障害につながる、わずかな精神機能低下が起こる可能性があります。若い脳を強くするには、強力な脳の栄養が必要です。

幼児の幹細胞が、新しい細胞型になる時、繊細なDNA活性化プロセスが、放射線によって遮断される可能性があります。若い人たちは寿命が長く、ガンに発生する猶予を多く与えます。

変異した遺伝子が、ストレッサーを介して活性化されガンになる以前に、新しい娘細胞に、変異した遺伝子が何十年も受け継がれることを覚えていることが大切です。

また、現代の子ども達は、ワクチン、医薬品、農薬、遺伝子組み換え食品、人工食品化学物質など、かなり大量の毒にさらされているので、より高い危険があります。増加した体への毒素の負荷が、免疫システムを弱め、厳しい細胞環境を作り出します。この蓄積された汚染のすべてが、体を弱め、私たちの放射線への防御を破壊します。また、被ばく後、損傷を受けた細胞の修復を阻害します。

妊娠する前に〜健康な父と母が健康な赤ちゃんをつくる

受胎する前にもかかわらず、精子も卵子も放射線によって簡単にダメージを受けます。このダメージは、わずかであるかもしれないし、発達のあらゆる側面や命に影響しているかもしれません。もし子どもを持つことを考えているならば、効果的な除染が必要です。将来の子どもに、満ち足りた人生のための最高の利益をあげてください。

授乳中の母親

汚染地域の近くに住んでいる、授乳中の母親は、放射線にさらされているか放射性物質による内部被ばくをしている可能性があります。放射性物質は、内部被ばくしている母親の母乳を通して、赤ちゃんに送られる可能性があります。

できれば、授乳中の母親は一時的に授乳をやめて、被ばく前に搾って保存した母乳か粉ミルクに替えることを考えるべきです。母親は、放射線物質を胸から取り除くのを助けるために、除染プロセス中も母乳を搾り続けるべきです。もし他の食糧源が利用可能でなければ、授乳を続けてください。授乳の前に、乳首と胸を石鹸とお湯で徹底的に洗いましょう。

子どもの放射能疾患の4つの段階

  1. 前駆期は、吐き気、嘔吐、下痢、腸けいれん、唾液分泌と脱水を特徴とします。疲労、脱力感、無気力、発熱、低血圧は、神経血管機能不全の結果です。白血球と血小板は、骨髄損傷の結果として減少していきます。
  2. 潜伏期は、損傷は体内で起こっていて、外部からはほとんど観察されずに、数週間続きます。
  3. 病気が現れる時には、損傷した主要な器官(骨髄、腸、神経血管)に関連した 臨床症状として現れます。
  4. 内出血、長期の創傷治癒、そして感染のリスクの増加により、死亡率は増加します。放射線により引き起こされる多臓器不全症候群(MODS)は、2つ、またはそれ以上の臓器系の進行性機能障害です。放射線により引き起こされた全身性炎症反応症候群(SIRS)が、MODSの引き金になります。

もし子どもが最初の4段階を生き延びたら、遺伝子変異と損傷を受けた脳細胞は、生涯にわたる健康問題を引き起こす可能性があるか、ガンができる前まで何年間も潜伏している可能性がます。長い時間をかけて「低レベル」の放射線にさらされた子ども達は、放射能疾患の兆候が何も出ないかもしれません。放射線被ばくの最初の兆候が、白血病か他のタイプの小児がんかもしれません。さらに、大人になるまで健康そうに見えて、不妊に悩んだり、出産時異常の子どもを持ったりする人もいるかもしれません。もしあなたが、汚染の可能性のある地域に住んでいるなら、除染と防御的な栄養素を必要としていると思ってください。

radiation

放射線と子ども達について、どのようにたくさん知ったらいいか?

悲しいことに、過去100年間にわたって、無数の非人道的な放射線実験の被験者でした。何人かは、戦争や核実験や事故で始まりましたが、子ども達は無意識のうちに実験を強いられました。研修者たちは、治療しないことを積極的に行い、何千人の子ども達を犠牲にして、可能な限りのあらゆる方法で、放射線の影響を明らかにしました。何人かの子ども達は、放射性のシリアルを与えられたり、プルトニウムや他の放射性物質を注射されたりしました。また、広島やチェルノブイリのあと、苦しんでいる子ども達にプラセボグループに入れ、彼らが惨めに死ぬように、彼らの苦しみを緩和する治療をしませんでした。やる気を出してください。人間の人間への残忍さには、私たちのベストを引き出すべきであり、憎悪と悲嘆で衰弱すべきではありません。兄弟のように私たちは過去を乗り越え、ともに未来を守ることができます。未来のために苗木を植えるように、こうやって人間によって文明が構築されていくのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.