好転反応を楽に乗り切りましょう

食生活を改善したり、必要なサプリメントを摂ったり、解毒プログラムを行うなどして健康を維持したり、今ある症状を改善しようとすると、体は自然に今までたまっていた毒素を排出し始めます。このとき好転反応が生じる場合があり、個人差がありますが通常1週間ぐらい続きます。

たとえば、頭痛や眠気、疲労感、下痢や便秘など胃腸の症状、風邪症状のような鼻水や咳、発熱、体の痛みなどが典型的です。また気分の浮き沈みや、皮膚に湿疹や吹き出物が出る方も多いです。

 

好転反応が生じた時は、まず自分が体に良いことをし始めてから起こっている症状だということを思い出して下さい。そして解毒により生じる症状には、いずれも意味があることを覚えておいてください。

 

あなたの体は、今あなたのために一生懸命働いているのです。ここでがんばることができるならば、間もなく明るい兆しがやってきます。

 

好転反応は、今までのあなたの生活の反映ですので一概には言えませんが、長くなる場合もあります。しかしこれが健康への第一歩なのです。

 

ここでは、好転反応を少しでも早く経過させるためのいくつかの方法を紹介します。以下のことをぜひお試しください。

 

 

1.水をよく飲みましょう

水は体内の毒素を洗い流してくれます。飲んだ水が毒を薄めて症状を軽くしてくれることをイメージしながら飲むと良いでしょう。また、朝食前(起床時)にコップ1杯程度の水を少しずつ飲んでみてください。秋冬は特に暖かいものをゆっくり飲み、量が増やせるようなら少しずつ増やしてみましょう。

 

2.自然の解毒剤を摂りましょう

肝臓や腸、腎臓の働きを助ける栄養素を追加で摂ると、好転反応を減らしてくれます。ビタミンCは、肝臓が他の抗酸化物を産生するのを助ける働きがあり、解毒中は特に消費が早いためビタミンCを補給することは有効です。水にレモンを入れたり、1日1個みかんなどの柑橘類を食べると良いでしょう。

その他、体の浄化を助ける食材として、ニンニクやタマネギがあります。また、モロヘイヤ、ブロッコリー、春菊、ベリー類、干し柿などから食物繊維をたくさん摂りましょう。葉野菜も、解毒中に生じる体の酸性状態をアルカリ化するのを助けてくれます。

 

3.体を動かしましょう

痛みなどがなく動けるようでしたら、最低25分間は動き続けてみましょう。その理由は、2つあります。1つには、汗は体内の毒素を排出するからです。もうひとつは、筋肉を動かすことにより代謝が促進され、体内の毒素を体外に排出するためです。また上下にジャンプすることも効果的です。リンパ節に溜まっている毒素を放出することが出来ます。

 

4.深呼吸をしましょう

毎日数分間、集中して深い呼吸をすることにより、体が本来持っている解毒のプロセスが活性化されます。深呼吸をするときは、吸うときに体の全ての細胞に酸素を送り、吐くときに体内の毒素が吐き出されるイメージを持ちましょう。ゆっくりとした深い腹式呼吸が、呼吸の浄化能力を高めることができるのです。目を閉じて、肺だけではなく体中の器官や筋肉、体の中で痛みを感じる全ての部位で呼吸するイメージで行いましょう。
5.デトックス風呂でリラックスしましょう

デトックス風呂は、頭痛などの好転反応の消失を早めてくれます。湯船にエプソムソルトを加えて(お湯150リットルにつき約150g)、15〜30分間入浴しましょう。エプソムソルトが毒素を排出し、排泄器官を活性化してくれます。

 

  • エプソムソルト:エプソムソルトは硫酸マグネシウムの入浴剤です。無色・無臭のマグネシウムの結晶で、身体の深部体温が高まり、体に必要なミネラルのマグネシウムを皮膚から補給することができると言われています。ネット通販で購入可能。

 

これらを実践することで、数日後には好転反応を乗り越えられるでしょう。すると、いよいよあなたの体に本格的な変化が起こり始め、より健康な状態を楽しむことができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published.