90日間の解毒プロトコル

クエストグループは、医学顧問であるドクター・ギブソンと協力して、キレート作用(有害な金属をつかんで排出する働き)や解毒の作用が特性であるオーガニックの植物や野菜をブレンドして、解毒製品「ネオクレンズ」を開発しました。このフォーミュラは、抗酸化作用と免疫力を向上させて体の防御機能を高めながら、環境からの重金属の汚染や放射能汚染に対して体が持つ自然の解毒能力を高めるように作られています。

体内に高レベルの重金属や環境毒を蓄積するのには何年もかかります。これらの有害物質を穏やかに、そして、体系的に組織や内臓の深いところから取り除く行程は、同様に時間がかかるものです。重金属や放射性物質を安全に除去していくための推奨プロトコルとしては、日々の食生活とライフスタイルの変化を行いながら、3ヶ月間「ネオクレンズ」を摂取することをお勧めします。

購入方法についての情報は、ここをクリックしてください

また、その後のメンテナンスとしては、「ネオクレンズ」を1日3カプセル、水と一緒に摂取しましょう。

「ネオクレンズ」での90日間の解毒方法:

朝:

  1. 空腹時に、以下の表にある目安量を240mlの水と一緒に摂取します。
  2. ヘルシーなホールフーズ(自然の状態に近い、野菜、果物、低脂肪のたんぱく質)中心の朝食をとって体が解毒をするのを助けましょう。リンゴ、ベリー類、ほうれん草などの食物繊維が豊富な果物や野菜をとるように心がけましょう。
  3. 食後さらに240mlの水を飲みます。

昼:

  1. 昼食前に、目安量を240mlの水と一緒に摂取します。
  2. ヘルシーなホールフーズ(自然の状態に近い、野菜、果物、低脂肪のたんぱく質)中心の昼食をとって体が解毒するのを助けましょう。ベリー類、柑橘系の果物、ブロッコリー、キャベツ、ほうれん草、海藻類など肝臓、腎臓、腸の働きをサポートして解毒を促進する食べ物をとりましょう。
  3. 食後さらに240ml の水を飲みます。

90 Day chart4

 

さらに、以下の4つを実践されると、体がより解毒がしやすくなります。

  1. 水を十分に飲みましょう
    私たちの体は、毒素と重金属などを体外に出すのにたくさんの水を必要とします。ですから、毎日1.5~2リットルの水を飲みましょう。まずは、起きがけに、240mlの水を飲むことから始めてみましょう。
  2. 加工食品をできる限り避けましょう
    加工食品には、6000以上の化学物質が含まれています。加工食品とは、食品になんらかの加工を施したものであり、その種類は、水産練り製品・肉加工品・乳加工品・嗜好食品・調味料・菓子類・冷凍食品・レトルト食品・缶詰食品・インスタント食品等、多岐にわたります。さらに、清涼飲料水、揚げ物、小麦粉や白砂糖をできるだけ摂取しないようにしましょう。
  3. 体が解毒するのをサポートするホールフーズをできるだけ食べましょう
    緑の葉野菜、海藻類、ブロッコリー、キャベツ、カリフラワー、リンゴ、ベリー類と柑橘系の果物などのホールフーズは体からの解毒をサポートしてくれます。
  4. 毎日25分間運動をしましょう
    体を動かすとリンパの流れがよくなり、解毒がしやすくなります。
    さらに汗をかくと、体内の毒素が排泄されます。

ワンポイントアドバイス:

入浴は、リラックスでき、汗をかいて、水分も補給でき、解毒を促進する素晴らしい方法です。発汗を促すために入浴前、入浴後にコップ1杯の水を飲むようにしましょう。さらにエプソムソルトを2つかみお風呂に入れるとより効果的です。

*解毒のプロセスにおいて好転反応を体験する方がいます。好転反応の症状には、頭痛、吐き気、下痢、疲労感、虚弱などがあります。これはよくあることですので、ご心配なく。前述の「摂取量の目安」のように、ゆっくりと錠数を増やして行くことが重要です。また上記の4項目を実践することで、好転反応の症状が緩和したり、全く出なくなるようになることもあります。

解毒は、より健康になるための大切な第一歩です。解毒をすることで、細胞がより効率的になり、もっと多くのエネルギーを生成することができるようになります。腸内に溜まった老廃物を排泄し、肝臓での胆汁の生成を促進し、血液の循環を良好にし、腎臓でフィルターされやすくなります。

90日間の解毒が完了すると、より活力が湧いて、病気になりにくくなり、慢性の痛みが軽減します。皆様が素晴らしい効果を体験されることを心から楽しみにしています。「ネオクレンズ」は、常日頃、私たちの身のまわりにある毒素を体内から除去し、体を守る素晴らしい製品です。90日間の解毒が完了した後も、1日3カプセル(朝2、昼1、食前に)、毎日摂取されることをお勧めいたします。

購入方法についての情報は、ここをクリックしてください